7/4の教会学校の幼稚科のようす

教会学校の幼稚科では、ノアの箱舟の話を、副園長先生がしてくださいました。

そして、動物のつがいを、幼児たちが箱舟に載せていきました。

今、東日本は梅雨の雨の恵みのなかにあります。でも、雨が降り過ぎると大変なこともあります。
約束の虹がかかりますように。
生き物のために、地球環境のために、人間ができることを考えて行っていきたいと改めて思った幼稚科の礼拝のときでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です