聖書のことば 2022年3月

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

マタイによる福音書28章20節

3月に入りました。春は、出会いと別れの季節、初めと終わりの季節。でも「世界の終わり」にはまだ至っていません。私たちはそれぞれに与えられている心身とタレントを携えつつこの世の歩みを続けるのです。

今月の聖句は、新約聖書の一番初めに置かれる「マタイによる福音書」が記しているイエス・キリストの、最後の言葉です。

この言葉をもって福音書記者マタイは、イエス・キリストの誕生のときに「その名はインマヌエルと呼ばれる」「その名は、神は我々と共におられるという意味である」という言葉で始めたイエス・キリストの生涯の物語を閉じます。

その最後の言葉は、キリストからの弟子たちへの指示が含まれています。「世の終わりまで、いつも共にい」てくださるイエス・キリストが、弱い立場にある人を大切にし、苦しい思いをしている人々とともに歩み、仲間を増し加えていきなさいと指示したのです。

日々の生活の中でキリストの言葉を思い起こし、自分なりに応える。そのように歩む日々の中で、私たちは共にいてくださる方の慰めと支えを知らされ、生きる勇気が与えられます。友なるイエス・キリストと共に生きる私たちは、決して一人ぼっちではありません。

園長牧師 佐野真也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。