卒園礼拝でのできごと

3月18日に無事に、卒園礼拝を持つことができました。21名の子ども達が幼稚園から巣立っていきました。少し寂しいです。


礼拝の最後に、「お別れのことば」を卒園児たちが言います。
その中で、「おとうさん、おかあさん、いままで育ててくれてありがとう!」と言っているときに、ひとりの男の子が涙を流しはじめました。他の男の子たちはその様子をみて「XXくんが泣いてるよー」と言っていたのですが、そのうち、多くの子どもたちが涙を流し始めたのです。

卒園式や卒園礼拝には何度も出ていますが、こんなことは初めてです。

年長の担任の先生に後で聞いたところ、「感性の豊かな子ども達が多いクラスでしたので」と説明してくれました。
なるほど、と思いつつ、
卒園児にとって、幼稚園での3年間の日々がとても充実していたこと、楽しかったことのひとつの証しかなと思いました。

「卒園児のみなさん、大丈夫、シオン幼稚園はいつまでもあります。幼稚園に、教会学校に遊びに来てね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です